亜鉛ラボ | 亜鉛サプリおすすめ比較ランキング【体験レビュー付】

MENU

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

肌荒れ・ニキビ・乾燥などでお悩みであれば、亜鉛が強力サポーターになってくれるかもしれません。

 

ビタミンCやビタミンBは効果がなかった・・という人は、もしかしたら亜鉛不足かも?

 

今回は、亜鉛が肌荒れによい理由と、効果的な亜鉛の摂取の仕方についてご紹介いたします。

 

亜鉛で肌荒れが治るって本当?

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛が不足すると細胞の新陳代謝が満足に行えないため、肌トラブルの原因になります。このため、亜鉛サプリメントを積極的に摂ったことで肌トラブルが解消されることもあるようです。

 

肌荒れが良くなったみんなの口コミ

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆ すごい

ニキビがすべて消え 肌の状態がかなり良くなりました 試しに飲むのをやめて10日ほどたったらニキビがいくつか出てきました
それだけ効果があるということなのではないでしょうか

引用:Amazon)

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆☆ 乾燥肌に

私はかなりの乾燥肌なのですが、この商品を使用してから気候変動などによるかさつきがなくなり非常に効果あり。
私のように重度の肌トラブルを抱えている人はためしてみる価値があると思います。

引用:Amazon)

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆☆ 肌荒れには効いた

長年ニキビと肌の赤みに悩まされてきましたが、このサプリを内服しはじめて明らかな改善が見られました。
また、口内炎もすぐに治ります。
日本人は慢性的な亜鉛不足と聞いたこともありますし、比較的すみやかに良い効果が現れるのかもしれません。

引用:Amazon)

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆☆ 凄いです

私は10年以上前から乾癬という病気と付き合ってきたんですが亜鉛を摂り始めて2週間で割れていたり剥がれていたりした皮膚が元に戻ってきました。
普通に手をパーにするだけで割れていたのに今は表面が白くカサカサになっている程度まで回復しています。
全快ではないにしろ、一生付き合っていくのかと諦めていただけにここまでの回復でもとても嬉しいです。個人差はあるかもしれませんが同じように苦しんでいる方がいらっしゃったらお試しになってみてください。

引用:Amazon)

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆☆ 思わぬところに効果

元々は元気の無い愚息の為に買いましたが、何の軟膏塗っても治らなくてもはや諦めていた毛孔性苔癬(二の腕のブツブツ等)が治ってきました!
まぁ私の場合は、恐らく亜鉛不足で毛孔性苔癬になってたか、または、治りを悪くしてたのだと思いますが、まぁ安いですし試してみるのもいいと思います。

引用:Amazon)

 


亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

☆☆☆☆☆ 効き目ありまくり

サプリ大好き中年男です。
色々なサプリを人体実験のごとく試してきました。
亜鉛は中でもお気に入りです。
目に見えて効き目があります。
例えば唇とその周り。私は皮膚が弱く、すぐにカサカサします。
放置しておくと切れてしまいますが、亜鉛を飲んでいると明らかに良くなります。
亜鉛だけでは効果が薄いかもしれません。
サプリの基本は欠如する栄養素がないように満遍なく摂取することです。
私の場合、満遍なく摂取することに加えて、亜鉛を強化して飲んでいます。
値段も安くお勧めのサプリです。

引用:Amazon)

 

亜鉛とは

亜鉛は、代謝に深く関係している必須ミネラルです。たんぱく質の合成や骨の発育、味覚を正常に保つのに働き、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
新陳代謝を良くし、免疫力を高め、たんぱく質やDNA、RNAの合成に関係、100種類近くの酵素にも関与しています。
また、有害物質を捕まえて、毒性を抑え、排泄させるたんぱく質の誘導役でもあり、デトックスサプリとしても注目されています。
不足すると、味覚障害や発育不全、機能性障害などを引き起こすといわれていますが、不足しやすい栄養素でもあるので、意識的に摂取することが必要です。

 

亜鉛不足は肌に悪影響

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛が不足すると、肌の新陳代謝であるターンオーバーが上手くいかなくなるため、肌に様々なトラブルが生じてしまいます。

 

肌荒れ

亜鉛は、細胞の再生やタンパク質や脂質の代謝などに不可欠なミネラルです。
亜鉛が不足すると、肌のターンオーバー機能が鈍くなることになってしまい、肌の外側にある古い角質層が上手に垢として剥がれていかずに、そのまま毛穴を詰まらせ、肌荒れにつながります。
また、肌荒れの予防スピードが遅くなることも考えられます。

 

肌の乾燥・かゆみ

亜鉛はコラーゲンの生成に必要なため、亜鉛が不足すると肌の潤いが無くなり、乾燥肌が加速してしまいます。
また、乾燥はかゆみにつながることが多く、かゆみを感じることも多くなってしまうのです。
さらに、亜鉛は、かゆみの物質であるヒスタミンの生成を抑制する働きもあるので、亜鉛不足はかゆみを悪化させることもあります。

 

肌のたるみ・肌のくすみ

亜鉛は、糖質の代謝をあげる働きをするので、亜鉛不足になると肌の糖化が進み、老化による肌のたるみやくすみが出てきてしまうことがあります。

 

傷の治りが遅い

亜鉛が不足すると、たんぱく質を合成する力が弱まるため、炎症が治りにくい状態になり、傷の治りが遅くなることがあります。

 

爪や髪にも影響

髪や爪も、細胞分裂によって作られているので、亜鉛を必要としています。亜鉛はタンパク質の合成もサポートしており、髪も爪もタンパク質からできているため、亜鉛が不足すると髪は艶が無くなったり抜け毛が多くなり、爪は縦シワができたり白い斑点ができたりします。

 

亜鉛の持つ美肌効果とは

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛には美肌を維持するという効果があります。美肌に関係する働きとして「細胞分裂を高める」と「コラーゲンを合成する」作用があります。

 

新陳代謝を促進

亜鉛は体の中でいろいろな酵素の成分になります。酵素が十分だと、食べ物の消化・吸収を良くする消化酵素の働きがよくなり、栄養をエネルギーに変える代謝酵素の生産量がアップします。代謝酵素が全身に行き渡ることで、新陳代謝が活性化されるのです。
新陳代謝をターンオーバーといい、皮膚のターンオーバーが活発に行われると、古い角質と新しい皮膚の入れ替えが早くなるので、肌トラブルが起こりにくくなります。

 

傷が早く治る

亜鉛は、新しい細胞を作る司令塔の役目をし、皮膚の正常化を助けます。このため、たんぱく質の合成を促し、細胞の合成を良くして傷を早く治りやすくするのです。
また、皮膚のケラチン組織を作り、皮膚を丈夫にするとも言われています。

 

コラーゲンの合成

体の中でアミノ酸からコラーゲンを合成するときには、必ず亜鉛を消費します。
コラーゲンの材料がいくらあっても亜鉛が足りなかったらコラーゲンがつくられることはないのです。
また、食べたコラーゲンが、そのまま身体のコラーゲンになることはありません。
口から入ったコラーゲンは、内臓で消化、分解されてアミノ酸になってしまうからです。

 

活性酸素を除去

亜鉛は、活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる活性酸素除去酵素の構成成分です。
活性酸素とは、体に入ってきた細菌やウイルスなどを攻撃して体を守ってくれる必要な物質ですが、過剰に蓄積されると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化させ)してしまうので注意が必要です。

 

亜鉛の過剰摂取は美肌に逆効果

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛の過剰摂取は、ニキビや肌荒れを引き起こすことがあります。
亜鉛は必須ミネラルの一つで、多くの酵素の主要構成成分として体内で重要な働きをしていますが、過剰摂取は、皮脂分泌を促してニキビや毛穴トラブルなどを引き起こすことがあり、美肌に逆効果となります。

 

急性亜鉛中毒と副作用

一度に大量の亜鉛を取りすぎると「急性亜鉛中毒」になってしまいます。
急性亜鉛中毒では

  • 嘔吐
  • めまい
  • 胃痛
  • 発熱

などの症状が見られます。

 

また、亜鉛の摂り過ぎが続いてしまうと鉄や銅の吸収が妨げられてしまうので

  • 貧血
  • 免疫機能の低下
  • 白血球の減少
  • コレステロールや糖代謝の異常

などの症状が出てきます。

 

一日の推奨量

亜鉛の一日あたりの摂取量の目安は

  • 成人男性:約10〜12mg/日
  • 成人女性:約9〜10mg/日
  • 子供  :約7mg/日

となっています。
但し、成人女性で妊婦の場合は+2mg、授乳婦は+3mgの摂取が望ましいと言われています。

 

一日の上限摂取量

亜鉛の上限摂取量は
男女とも1日に30mg
までと言われています。
上限摂取量を越さないためにも、一日の食事でどれくらい亜鉛を取っているのかを知り、足りない量をサプリメントなど健康補助食品で補うようにしましょう。

 

亜鉛たっぷり美肌食材

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は牛肉や豚肉をはじめとした肉類や、魚介類全般に多く含まれます。これらは動物性食品なので亜鉛の吸収率もよく亜鉛の摂取先としては非常に優れているといえます。

 

亜鉛を多く含む食べ物

 

  • 牡蠣(カキ)
  • ほたて
  • あさり
  • うなぎ
  • 牛肉(もも肉)
  • チーズ
  • レバー(豚・鶏)
  • 卵黄
  • 納豆

 

ゴマやピーナッツなどの種実類にも亜鉛は多く含まれますが一度に摂れる量がそれほど多くないので、あまり効率的ではありません。
穀類や豆類にも含まれますが、亜鉛の吸収を妨げるフィチン酸も含まれているため動物性食品には劣るようです。

 

亜鉛を多く含む簡単レシピ

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

ホタテの梅和え

【材料:二人分】
・刺身用ホタテ・・・6〜8個
・梅干し・・・3個
・きゅうり・・・1/2本
・ごま油・・・小さじ1杯
・しょうゆ・・・小さじ1杯

 

【作り方】
@刺身用ホタテは5mmくらいにスライス、梅干しは種を取って叩いてペースト状に、きゅうりは細切りにしておきます。
Aボールに全部の材料を入れ、よく混ぜたら完成。

 

高野豆腐の卵とじ

【材料】
・高野豆腐  3個
・卵  2個
・薄口醤油  大さじ1
・みりん  大さじ1
・砂糖  大さじ1
・だし汁  1カップ

 

【作り方】
@高野豆腐をぬるま湯につけて戻し4〜6等分する。
A鍋にだし汁と調味料を入れてひと煮立ちさせる。
B高野豆腐を入れ、落し蓋をして中火で7〜8分ほど煮る。
C溶き卵を回し入れ、1分ほど触らず、その後時々底にこびりつかないよう、底の方を返す。
Dヘラなどで触り、お好みの具合になったら火を止めて完成。

 

ココアゼリー

【材料:3個分】
・ゼラチンパウダー10g
・スキムミルク18g(なければ通常のミルクでも可)
・ピュアココア18g
・上白糖1.5g 

 

【作り方】
@ゼラチンパウダーを少量の水でふやかしておき、またスキムミルクも200mlの水で溶かしておきます(通常のミルクを使う場合は省略)。
A鍋にピュアココアと上白糖を入れたあとに、少量の熱湯を加えて泡が立つまでよくかき混ぜます。
Bその後鍋を弱火にかけながら、スキムミルクを少しずつ加えていき、徐々に強火にかけて混ぜていきます。
C沸騰する直前まで火にかけたら、鍋を下してゼラチンを加えて混ぜます。
D器に流しいれて、冷めたら冷蔵庫に入れて固まれば完成です。

 

亜鉛で美肌になる効果的な摂取の仕方

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛はもともと吸収率がそれほど高くなく、また同時に取る物質によって吸収率が変わったりするので、効果的・効率的な摂取が必要です。

 

亜鉛は吸収率が低い

亜鉛は吸収率の悪いミネラルで、食品からの吸収率は約30%程度と言われています。
摂取量によっても20%〜70%と幅があり、摂取量が多くなるほど吸収率は下がります。

 

一緒に摂ると良い栄養素

ビタミンC・クエン酸と摂る

ビタミンCは、「キレート作用」という効果によって亜鉛の吸収を手助けしてくれる働きがあります。
「キレート作用」とは、体にとって有用なミネラル(亜鉛など)を包み込んで体にとって吸収しやすい形に変えてくれる作用のことです。
クエン酸もビタミンCと同様に「キレート作用」で吸収が促進されます。

 

ビタミンB2・B6と摂る

亜鉛とビタミンB群は、どちらも肉、魚などの動物性食品に多い栄養素で、もとは同じ食品に含まれています。
また、どちらもタンパク質などの代謝に必要な栄養なので、どちらが欠けても代謝がうまくできません。

 

ビタミンE

ビタミンEは、脂溶性の抗酸化物質でわたしたちの健康維持の為に必要な栄養素です。血管の通りをよくし、過酸化脂質の生成を抑えてくれる役割があります。
また血行を促進し、血管の保護もしてくれるので、亜鉛との飲み合わせが良いと言えます。

 

ビタミンA

ビタミンAも、ビタミンEと同様、脂溶性の抗酸化物質です。
ビタミンは、視力や体内抗酸化、血管を強くする働き、免疫を維持・強化する働きなどがありますが、これらの働きは、亜鉛と一緒になって働く事が多いので、
亜鉛とビタミンAも一緒に飲むことをおススメします。

 

飲むタイミング

 

特に決まったタイミングはありませんが、飲み忘れが無いように継続的に飲むことが必要です。
また、亜鉛サプリメントは、新陳代謝に関わってくることが多く、人間の身体は眠っている間に代謝されるので、寝る前に飲むのが効果的と考えられます。

 

亜鉛サプリでお肌つるつるになるための3つのポイント

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は、肌にとっては重要な栄養素ですが、食品からだけでは摂りにくく、吸収しにくい栄養素なので、効率的に摂取するためにもサプリメントを活用すると良いでしょう。

 

美肌対策なら食事+サプリで補給

亜鉛は美肌対策に欠かせない栄養素なので、亜鉛サプリメントも美しい肌を手に入れるために必要なサプリメントと言えます。
ただ、サプリメントだけに頼って、単一の錠剤だけを取ることは、体内の栄養素のバランスを崩してしまうことにも繋がります。
バランスの良い食事を取ることを心がけ、食事からも摂取できるようにしていきましょう。

 

吸収率の高い天然の牡蠣由来にこだわる

亜鉛サプリを選ぶなら、化学的に合成された亜鉛ではなく天然の牡蠣など自然の食材のエキスを使ったサプリを選ぶと良いでしょう。天然の牡蠣エキスの場合、亜鉛含有量があらゆる食品の中でも一番多い上、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富にバランスよく含まれるため、健康、美容への効果や効能が高いです。
一方、科学的に合成の亜鉛サプリは、人工的に作られるため安価なことが多いですが、副作用や安全性の問題があったり、吸収率が低いなどの問題があります。

 

亜鉛単体よりも複合サプリがおすすめ

亜鉛の効果を最大限に生かすためにも、複数の主力有効成分を配合した複合サプリがおすすめです。
吸収率をあげたり、効果を高めたり、足りない栄養素を補うためにも、亜鉛単体サプリよりも複合サプリの方が良いようです。

美肌におすすめの亜鉛サプリ

 

牡蠣のチカラα

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

美肌目的での亜鉛サプリをお探しなら、「牡蠣のチカラα」がおすすめです!

 

「牡蠣のチカラα」なら亜鉛に加えてマカも配合されているので、亜鉛の効果を最大限に引き出してくれます。

 

高麗人参の美肌効果

高麗人参は“抗酸化作用”をはじめとする肌にとって理想的な効能を持っています。
抗酸化作用で、細胞老化の原因となる活性酸素を除去、ドロドロの血液をサラサラにして血行を改善、肌の代謝を促進します。
また、内臓機能を正常化し、肌にとって有害な老廃物の促進を促します。

 

マカの美肌効果

マカの特徴成分「アルギニン」には、成長ホルモンの分泌を促進するという作用があります。
成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれ、肌の新陳代謝を良くしてくれます。
肌の新陳代謝が良くなると、肌表面の角質層がきちんとはがれ、ターンオーバーが正常化されるので、美肌作りにも効果的なのです。

 

私も乾燥肌、大人アトピーなどで悩んでいましたが、これを飲み始めてから肌の調子が良くなりました。季節の変わり目でも肌が安定するようになったので、今でも続けて飲んでいます。

 

>>【写真アリ】肌荒れ改善体験レビューはこちら

 

>>牡蠣のチカラα公式サイトはこちら

 

亜鉛サプリでつるつる肌を目指そう

 

亜鉛で肌荒れ・ニキビは治る?驚きの肌つるつる効果とは | 亜鉛ラボ

 

もちろん亜鉛は食事から摂取することも可能なミネラルですが、日本人のなんと3人に1人は不足しているとも言われています。

 

  • コンビニ弁当屋惣菜が多い
  • お酒をよく飲む
  • 激しいスポーツなどをしている
  • ストレスが多い

 

こんな人は、特に亜鉛が不足しやすいと言われています。

 

もし一つでも当てはまれば、つるつる肌のためにも、亜鉛サプリで不足を補うと良いかもしれませんよ。

 

高品質で吸収力に優れた亜鉛サプリで、憧れのつるつる美肌を目指しましょう。

 

 

>>おすすめ亜鉛サプリランキング