亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

MENU

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

亜鉛サプリは綺麗を目指す女性に必須ミネラルです。

 

女性ホルモンをアップさせたい、妊活に効果のあるものを摂りたい、肌を綺麗にしたい、ツヤのある髪の毛を手にいれたい。

 

今回は、亜鉛サプリの女性への効果と、効果的な飲み方についてご紹介いたします。

 

亜鉛は女性に必要な成分

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

亜鉛が女性の身体にどのように働きかけてくれるのか、さっそく見ていきましょう◎

 

必須ミネラル

亜鉛は食べ物やサプリメントなどから摂取する必要があるとされている「必須ミネラル」。

 

体内には3000を超える酵素が存在しており、それらが円滑に機能することで生命は保たれているものです。

 

その3000の酵素のうち200〜300もの酵素は「亜鉛がないと機能しない」ということが分かっていて、代謝や生殖器の正常な機能のためにも亜鉛は非常に重要だとされています。

 

ここで、亜鉛が人体へ与える影響として有名なものをご紹介いたします!

 

  • 細胞分裂
  • 新陳代謝
  • 毛髪や粘膜を健康的に保つ
  • 性機能を維持する
  • 味覚を維持する
  • 免疫力向上

 

亜鉛サプリメント愛用者の多くが「髪質が改善された」「皮膚が健康的になった」とう体験をされていることからも、亜鉛の「細胞に直接働きかける力」を理解していただけるのではないでしょうか。

 

女性ホルモンへの効果

女性ホルモンとは卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の性ホルモンのことです。

 

この2つの女性ホルモンの分泌が十分であることは「女性らしい体つきになる」「妊娠・出産を円滑に行う」といったことにもつながるため、女性にとっては非常に重要なホルモンといえるでしょう。

 

そしてこの女性ホルモンをきちんと分泌させるためには「亜鉛」が必要だということが分かってきました!

 

女性ホルモンの分泌は10歳頃から徐々に増えていき、18歳〜45歳頃までは順調に分泌が行われていくもの。

 

しかし閉経が始まる頃である50歳前後にさしかかると女性ホルモンの分泌量はしだいに低下し、やがて分泌されなくなり「のぼせ」「発汗」といった更年期症状を引き起こしてしまう場合も少なくありません。

 

女性ホルモンには「妊娠や出産に適した身体にする」「女性らしい体つきにする」といった働き以外にも、実は「コレステロールを下げる」「骨密度を維持する」といった役割も。

 

閉経を過ぎた女性が急に太りだしてしまったり骨粗鬆症になってしまう背景には、女性ホルモンの分泌量低下という原因が隠されていたのです!

 

このように、女性ホルモンは女性の身体に様々な影響を与えるホルモンなので、亜鉛を摂取して女性ホルモンの分泌量を促進させることは「いつまでも健康的に女性らしく生きていくため」に必須であるといえるのではないでしょうか?

 

細胞分裂の活性化・免疫力の向上

亜鉛は細胞分裂に関わる非常に重要なミネラル成分であるため、胎児や乳幼児といった細胞分裂が活発な時期には特に必要といえるでしょう。

 

細胞分裂が活発な時期に亜鉛が不足してしまうと、成長障害などを引き起こす可能性もあります。

 

そして細胞分裂の活発期を終えた大人の場合であっても、亜鉛は「新陳代謝」「傷の治癒」「肌のターンオーバー」「爪や髪の再生」などのために必要になってくるので積極的に摂取するようにしましょう!

 

また、亜鉛は免疫力を向上させる働きもあるということが確認されています。

 

人間の身体の中には「免疫細胞」と呼ばれる、身体の中に菌やウィルスが侵入してきたときにそれらと戦ってくれる細胞が存在しています。

 

しかし免疫細胞の活動力が低下してしまっている場合、「すぐ風邪を引いてしまう」「風邪がなかなか治らない」なんてことに…。

 

亜鉛は低下してしまった免疫細胞を活性化させるだけではなく、体内に侵入してきた菌やウィルスの繁殖を抑制して自然治癒力を高める効果も期待できますよ!

 

「風邪を引きやすい!」とお悩みの人は、体内の亜鉛が不足してしまっている可能性も否定できません。

 

タンパク質の合成を促進

亜鉛の働きには「たんぱく質の合成を促進させる」ということも確認されていますが、逆にいえば「亜鉛が欠乏するとたんぱく質が作られにくくなる」ともいい換えることができます。

 

  • 筋トレをしている
  • プロテインを飲んで肉体改造中だ

 

なんて人は特に、亜鉛の摂取が十分にできているかどうかを再確認してみてください。

 

というのも、筋肉はたんぱく質が合成された結果できていくものであるからです◎

 

より効率良くたんぱく質の合成が行われるように、筋トレや食事の見直しと共にぜひ亜鉛の摂取をおすすめいたします!

 

亜鉛サプリ女性への効果とは

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

亜鉛の様々な効果を見ていくと「女性には欠かすことのできない成分」ということが分かってきました。

 

ここでは「月経トラブルで悩んでいる」「赤ちゃんがなかなかできない」といった悩みを抱えている女性のため、亜鉛のスペシャルな効果についてご紹介したいと思います!

 

月経不順

亜鉛を十分に摂取することによって促進されるのは「女性ホルモンの生成・分泌」でしたよね!

 

女性ホルモンが分泌されるのは卵巣からですが、実はそのホルモンを分泌させるように指示しているのは「脳」なんです。

 

通常は脳から卵胞刺激ホルモンが分泌されることで卵巣の中で待機している「卵子のたまご」が成長を始め、発育した卵胞から女性ホルモンの1種である「エストロゲン」が分泌され、排卵→月経につながります。

 

しかし体内の亜鉛が不足してしまっている場合、脳から卵胞を成長させる刺激が送られても「卵胞を十分に成長させられない」「エストロゲンが十分に分泌されない」といった症状を招きやすいといえます。

 

月経不順を改善させるためには「健康的な卵子に成長させること」「排卵をスムーズに起こすこと」などが必須であり、それらは女性ホルモンが正常に分泌されることで可能になってくるものです。

 

脳からの指令を円滑に遂行して規則的な月経周期にしていくためには、なんといっても「女性ホルモンの生成に必要」とされる亜鉛の摂取が欠かせないでしょう!

 

生理痛

生理痛は「陣痛に耐えるための予行練習」なんて考え方をされることもありますが、実は生理痛の原因とは必ずしもひとつだけというわけではありません。

 

  • 冷え
  • 食生活
  • 子宮筋腫などの病気
  • ストレス
  • 子宮や卵巣が未成熟

 

など、病気に限らず「個人の体質」や「生活習慣」などといった要因が複数絡み合うことで生理痛を招いてしまっているケースも多く見られます。

 

生理痛の傷みを感じる部分も人それぞれで、「腹部中心がズキズキ痛む」「卵巣部分がチクチクする」「腹痛はないが腰がとにかくダル重い」なんて人も!

 

亜鉛が不足することで懸念される「細胞分裂がうまく進まない」「性機能の低下」といった症状は、卵子を健康的に育てることができずに起こる「無排卵月経」「無月経症候群」などにもつながる結果、生理痛の悪化にも深く関係していると考えられています。

 

PMS

「イライラ」「腹痛」「頭痛」といった生理前になると現れる不快な症状、通称PMSの原因は「女性ホルモン分泌量の乱れ」によって引き起こされていることをご存知でしょうか?

 

月経が近づくにつれ、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量は急激に変化します。

 

そのホルモン分泌量の変化に身体がついていかなかったり、分泌されるべきホルモンが分泌されない・または分泌過剰になるといった様々な理由からPMSは引き起こされてしまいます。

 

亜鉛の女性ホルモン分泌促進作用はエストロゲンとプロゲステロンが体内で積極的に生成されるようにサポートし、ホルモンバランスの乱れを改善しつつPMSの緩和にも役立つといわれている成分◎

 

実際に、重いPMSの改善を期待して亜鉛サプリメントの飲用を始められた女性が多いことからも「亜鉛のPMS改善効果」は非常に高いといえるのではないでしょうか。

 

不妊症

「赤ちゃんが欲しい!」と望む人にとって、不妊という言葉はとても正面から受け入れられるのもではありません。

 

女性として産まれたからには、自分の子供を腕に抱きたいと切望されている人も多いと思います。

 

そんな女性を悩ませている不妊の原因は上記でもご紹介したように「女性ホルモンの分泌が行われず卵子が十分に育たない」といった症状以外にも、女性ホルモンの生成が上手くいかず「子宮内膜が薄い」「剥がれてしまいやすい」ということにも理由があります。

 

子宮内膜をいい換えるなら「赤ちゃんが育つベッド」のようなもので、受精した卵子はこの子宮内膜にくっつき(着床)、母体から栄養をもらって大きくなっていきます。

 

卵子が十分に成長して精子と受精できたとしても、赤ちゃんのベッドに十分な厚みがなかったりすでに剥がれてしまっていると「受精卵がくっつく場所がない」「くっつきにくい」といった結果になり、妊娠はいつになっても成立しないもの。

 

この流れを阻止するためできる対策は、大きく分けて以下の2つと考えられます。

 

  1. 女性ホルモンの生成を促進させる
  2. 栄養をしっかりと摂る

 

女性特有の仕組みである妊娠・出産ができる身体になるためには、まずは女性ホルモンが十分に生成分泌されることが基本中の基本です。

 

それに加え、栄養をしっかりと摂ることで女性ホルモンの生成をさらに助けつつ健康的な身体作りを目指すことが望ましいでしょう。

 

亜鉛は必須ミネラルであることから、積極的に摂取することで女性ホルモンの生成をサポートし、上記2点の対策に大いに役立ってくれると考えられています!

 

更年期障害

「イライラ」「急な発汗」「のぼせ」「うつ病」などといった50歳前後の女性に多く見られる症状を「更年期障害」といいます。

 

この更年期障害の直接的な原因は「今まで分泌されていた女性ホルモンが急に分泌されなくなること」に身体がついていかかくなったため。

 

ただでさえ女性ホルモンの分泌量が低下している更年期です!

 

積極的に亜鉛を摂取することで女性ホルモンの生成を促せば、女性ホルモン減少による更年期障害を緩和させるために効果が期待できるでしょう。

 

バストアップ

女性なら誰しも「ハリのあるバスト」「丸くて柔らかなバスト」に憧れるものではないでしょうか?

 

女性ホルモンには「女性らしい体つきにする」「皮下脂肪をつける」といった働きがあるので、女性ホルモンの分泌量を増やすことでバストアップにも有効だと考えられています。

 

また胸が大きく発育するのは10歳前後〜18歳頃までの「思春期」と呼ばれる時期が多いのですが、これは思春期に分泌量が最大となる「成長ホルモン」の働きも大きく関係しています。

 

成長ホルモンはその名の通り「骨や筋肉・細胞を成長させる」として知られているホルモンですが、この成長ホルモンがしっかりと分泌されていることがバストアップやバストのハリ・弾力にも関わっているから。

 

亜鉛には女性ホルモンの生成を助ける働きの他にも「成長ホルモン分泌促進作用」があるため、バストアップをしたい女性にはうってつけの成分といえるでしょう。

 

亜鉛サプリは女性に嬉しい美容効果も!

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

女性ホルモンの生成をサポートしてくれる亜鉛ですが、実はその他にも「女性には嬉しすぎる効果」が期待できるとされています。

 

ここでは女性に欠かすことができない3つの亜鉛パワーについて詳しくご紹介させていただきます!

 

毛髪への効果

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

冒頭でご紹介させていただいた口コミの中でも「髪が綺麗になった!」「伸びが速くなった!」といった体験談が目立ちましたよね。

 

それは亜鉛の「毛髪を健やかに保つ」という働きによるものだといえます!

 

髪の毛の約99%は「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質から構成されていますが、亜鉛には摂取したたんぱく質をケラチンに再構成させる効果が確認されています。

 

髪の毛に良いとされている食べ物を積極的に摂取したところで、体内の亜鉛が不足していればその栄養を頭皮や髪の毛に届けることはできません。

 

健康的な髪の毛はどうしたら生えてくると思いますか?

 

答えは「健康的な頭皮環境を整えること」これに尽きます!

 

亜鉛は細胞分裂を促進させるため、頭皮の新陳代謝を活発にして健康的な毛髪が育つ環境を整えてくれると考えられています。

 

亜鉛サプリメント愛用者の多くが「髪質が改善された」「髪の毛が伸びるようになった」と実感されている理由は、亜鉛の細胞分裂促進作用や新陳代謝を活性化させる働きによって頭皮が健康的になった結果だといえるでしょう。

 

肌への効果

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を構成成分とする酵素には「代謝を促進させる」「傷ついた細胞の分裂を活発にする」といった働きがあるため、傷の治癒には欠かせない成分として知られています。

 

それ以外にも「コラーゲンの生成を促進させる」「たんぱく質の合成を促進させる」といった、美しい肌を維持するために必要な成分の生成を亜鉛はサポートしてくれるんです!

 

亜鉛の代謝促進作用によって肌のターンオーバーが整ってくることで「シミが薄くなった」「肌荒れが治まった!」なんて声も挙がっているほどですよ。

 

爪への効果

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

髪の毛がたんぱく質からできているように、実は爪もたんぱく質から合成されていたんです!

 

毛髪や肌も新陳代謝を繰り返しながら次々と新しい髪の毛や皮膚を生み出しているように、爪もどんどんと伸びていきますよね?

 

これは身体の「新陳代謝」という働きが正常に機能しているからできることで、新陳代謝の働きが低下してくると新しく生み出される毛髪・皮膚・爪になんらかの問題が発生してしまうものです。

 

  • 爪が薄い
  • 乾燥している
  • すぐに割れる

 

とういう場合、体内の亜鉛が不足しているせいで爪を構成するたんぱく質の合成が進んでいない可能性大!

 

爪や毛髪はその他の部位に比べて細胞分裂が速く、亜鉛が不足すると「まずは爪や髪に影響が出る」ともいわれているほどなんですよ。

 

流行りのネイルをすることも素敵ですが、亜鉛を摂取して綺麗で強い自爪を目指してみませんか?

 

亜鉛が不足しやすい女性とは

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

女性にとってここまで嬉しい効果をもたらしてくれる成分は、他には見当たらないといっても良いほど亜鉛の働きは女性にとって魅力的なものです。

 

「女性に必須である成分」ともいわれている亜鉛ですが、実はある習慣がある女性は「亜鉛が不足しがちである」ことが明らかになっています!

 

ここでは「亜鉛が不足してしまいがちな女性に共通すること」についてまとめてみたいと思います。

 

妊娠・授乳中

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

妊娠・授乳中の母体というのは、全てが赤ちゃん優先で「赤ちゃんを育てるため」に働いているもの。

 

ママの体内にある水分は赤ちゃんが育つため・母乳のためなどに優先的に使われるためママの身体は水分不足になりがちで、妊娠中に便秘で悩むママが多いのもそのためだと考えられています。

 

亜鉛は細胞分裂に欠かせない成分なので、受精卵が細胞を繰り返す妊娠中や赤ちゃんが飛躍的に成長する授乳期には「母体の亜鉛は優先的に赤ちゃんへ送られる」という仕組みが働き、ママの身体は亜鉛不足になってしまいやすいでしょう。

 

他にも妊娠・授乳中に「抜け毛が増える」「肌が荒れる」「爪が折れやすくなる」といった症状は、亜鉛不足によってたんぱく質の合成が円滑に行われないことから引き起こされているといっても過言ではありません。

 

更年期

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

  • 睡眠薬
  • 降圧薬
  • 消化性潰瘍治療薬
  • 抗うつ剤
  • 抗菌薬
  • 抗がん剤

 

といった薬を使用する機会が増えるのは50代前後の更年期以降である場合が多いと思いますが、上記でご紹介した薬は亜鉛の吸収を阻害してしまうことが分かっています。

 

また更年期に関わらず、年齢を重ねると共に食事量が減ったり基本的な栄養素の吸収率が低下することも原因のひとつと考えられています。

 

過激なダイエット

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

「一刻も早く痩せたい!」という思いから、自分のキャパを超えてまで運動をしたり激しいトレーニングに明け暮れるなんて人も少なくありません。

 

しかし、あまりに過酷なダイエットやトレーニングを行い続けることで「亜鉛不足」に陥ってしまうケースも。

 

激しい運動をする場合ほとんど「大量の汗」をかくものですが、実はこの汗の中に亜鉛が流れ込んで体外へ排出されてしまうのです!

 

夏は1年の中で最も汗をかきやすい季節ですが、亜鉛不足が深刻化しやすいのも夏季という結果が「汗と共に亜鉛が流れ出てしまう事実」を裏付けているといっても良いでしょう。

 

偏った食生活

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

「バナナだけしか食べない!」「1日1食!」という間違ったダイエットや食生活を続けてしまうことで心配されるのは「栄養バランスの偏り」ですよね。

 

日本の土壌は亜鉛の含有量が海外に比べて低いといわれていて、そのため摂取できる亜鉛量も少ないといわれています。

 

そんな環境に加え、偏った食生活によって栄養バランスが偏ってしまったとしたら…少し考えれば、それが身体のために良くないことは分かっていただけるのではないでしょうか。

 

  • 肉や米を食べない
  • フルーツや野菜のみ

 

といった亜鉛の含有量が少ない食生活では、低亜鉛血症などを引き起こしてしまいかねません。

 

ダイエットを行うのであれば亜鉛の吸収率を上げるたんぱく質やエネルギー源になる炭水化物の摂取と共に、栄養バランスに気をつけて「何でも少しづつ食べる」ように心がけましょう◎

 

飲酒・喫煙

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

飲酒することによって体内に取り入れられたアルコール分は肝臓によって分解・解毒されますが、その過程では亜鉛が使用されます。

 

また、亜鉛には身体を錆びさせる原因である活性酸素を除去する「抗酸化作用」という働きがありますが、喫煙することで大量の活性酸素が発生し、その活性酸を除去するために大量の亜鉛が消費されてしまいます。

 

飲酒・喫煙を行うことによって本来消費される必要でなかった亜鉛が必要になってくるので、必然的に身体のために働いてくれる亜鉛の量が少なくなって様々な悪影響が発生してしまうというわけ!

 

飲酒・喫煙習慣のある人はそうでない人よりも「亜鉛不足になりやすい」ということを覚えておきましょう。

 

ストレスが多い

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

亜鉛が担っている働きは「たんぱく質を合成する」「粘膜を健康に保つ」などといった、物質的なものだけとは限りません。

 

亜鉛の働きの中には「精神的ストレスから守ってくれる」という効果も報告されているほど、亜鉛とストレスには深い関わり合いがあると考えられています。

 

  • 亜鉛サプリメントを飲み始めてイライラが軽減した
  • 亜鉛を摂取すると気持ちが落ち着く

 

なんて不思議な経験をされた人も実際に少なくありませんし、亜鉛はストレスを感じやすい人にぜひ摂取してもらいたい成分といえます。

 

しかし「ストレスから守ってくれる」という働きの裏を返せば、「ストレスを感じるたびに体内の亜鉛が消費されている」ということでもあります!

 

ストレスが蓄積してしまっている人はそれだけ亜鉛の消費量も多くなりやすく、亜鉛不足になってしまいやすい可能性が。

 

女性必須の亜鉛は食べ物から摂取しよう

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

ここまでご紹介させていただいた亜鉛の効果・効能を知れば知るほど、女性であれば「亜鉛を摂取しよう!」と思ってきますよね?

 

日本は諸外国と比べても「亜鉛を摂取しにくい国」といわれていますが、そんな日本にも亜鉛を多く含む食材はちゃんと存在しています!

 

ここでは亜鉛を摂取する場合におすすめの食べ物をご紹介させていただきますので、ぜひ毎日の食事の中に取り入れてみてくださいね。

 

  • 牡蠣
  • スルメ
  • タラバガニ
  • 牛肉
  • レバー
  • うなぎ
  • チーズ
  • ゴマ
  • 大豆製品(納豆や豆腐など)
  • 卵黄
  • カシューナッツ
  • アーモンド

 

特に牡蠣に含まれる亜鉛量は断トツトップで、多くの亜鉛サプリメントに牡蠣エキスが利用されているほど!

 

レモンなどクエン酸やビタミンCが豊富な食べ物には亜鉛の吸収率を高める作用があるので、ぜひ牡蠣と一緒に摂取してもらいたいもののひとつです。

 

女性らしさを求めるなら亜鉛サプリがおすすめ

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

「女性ホルモンの生成をサポートする」「女性らしい体つきにしてくれる」「月経障害などの改善に効果が期待できる」など、女性にとってメリットがたくさんの亜鉛!

 

亜鉛サプリメントの飲用を考えている女性のため、サプリメントの効果的な摂取量や気になる副作用のことについてお伝えさせていただきます。

普段の食事のサポート

亜鉛サプリメントには確かに十分な量の亜鉛が含まれているものですが、「サプリメントだけ飲んでいれば大丈夫!」と思って普段の食生活を疎かにすることがないように気をつけましょう!

 

亜鉛を含んでいる食べ物は上記でご紹介させていただいた通り、比較的どこにでも売られていて入手しやすいものが多いので、積極的に食べ物から亜鉛を摂取できるように心がけてみてください。

 

1日3食、栄養バランスに気をつけた食生活を送ってこそ摂取する亜鉛サプリメントの効果を十二分に発揮できるといえますよ!

 

過剰摂取は危険な副作用あり

亜鉛はミネラルの中でも「比較的毒性が低い」とされることから、食べ物やサプリメントなどから過剰摂取してしまったとしても強い副作用症状を引き起こす心配はほとんどないといわれています。

 

たとえ亜鉛が過剰に摂取されてしまったとしても、余分な亜鉛は尿や便といった排泄物と共に体外へ排出されるようになっています。

 

しかし「1日2g以上もの亜鉛を一気に摂取する」といった場合、急性亜鉛中毒になってしまう恐れも報告されていることをお忘れなく!

 

  • 嘔吐
  • 発熱
  • 頭痛
  • めまい
  • 胃痛

 

といった症状は急性亜鉛中毒の代表的な症状で、口コミの中でも上記のような症状を感じられた人がちらほらいらっしゃいました。

 

1日2gと限らず、体調が悪い人や敏感な人の中には規定量の亜鉛サプリメント摂取でも上記の様な副作用が引き起こされたなんてケースも!

 

その人たちの中では「空腹時」に亜鉛サプリメントを飲用されている場合が多かったので、できるだけ空腹時のサプリメント摂取は控えておいた方が良さそうです。

 

その他にも「1日の上限摂取量を超えた亜鉛を長期間摂取する」といった摂取方法を続けることで、貧血や免疫力の低下といった副作用も報告されています。

 

これらの副作用症状を予防して効率良く亜鉛を摂取するためには「1日の上限摂取量」をきちんと守ることがなによりも大切だといえるでしょう。

 

初めは少量の摂取で様子を見て大丈夫であれば徐々に量を増やすなど、自身の体調や体質と相談しながら上手に飲用を続けていってくださいね!

 

成人女性の一日の推奨摂取量とは

亜鉛推奨摂取量は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015年版」によると、成人女性で「1日8mg」妊婦は「10mg」授乳中の女性は「11mg」、1日あたりの上限量は「35mg」と記載されています。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

 

また厚生労働省の調査によると、成人女性の場合「1日7.3mg」の亜鉛を食事から摂取しているそうです。

 

実際に摂取できている亜鉛の量は「1日の推奨摂取量よりも若干劣る」という全体の結果から、サプリメントを賢く利用して不足した分の亜鉛を補うことも厚生労働省より推奨されています◎

 

亜鉛サプリ女性が摂るときの効果的な飲み方

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

「吸収率がとにかく悪い!」ことで有名な亜鉛は、いかに吸収率をアップさせるかが亜鉛パワーを効率良く実感してもらうための秘策といえます。

 

ここでは亜鉛サプリメントと合わせて摂取することで吸収率を格段にアップさせることができる成分や、サプリメントを飲むのにベストな時間帯などをご紹介いたしましょう!

 

亜鉛サプリは吸収率が30%

食べ物からの摂取だけではなく、亜鉛サプリメントからの摂取であってもその吸収率は非常に低く「多くても30%程度しか吸収されない」といわれています。

 

食べ物に含まれる添加物も亜鉛の吸収率を低下させてしまうため、亜鉛の豊富な食べ物を摂取しても「身体に吸収されない!」なんて悲劇に。

 

  • 添加物を多く含む食べものをよく摂取する
  • インスタント食品を好んで食べる

 

なんて人は30%どころか、わずか数%しか亜鉛が吸収されないなんてことも!

 

亜鉛はサプリメントなどで積極的に摂取していたとしても、体内の状態や食べ合わせなどによって簡単に吸収率が低下してしまう成分です。

 

「どんな食べ物と組み合わせるのが効果的か?」「一緒に食べ合わせてはいけないのはなにか?」など、亜鉛と一緒に摂取する成分には細心の注意が必要になってくるでしょう。

 

飲み合わせで吸収率アップ

亜鉛と相性の良い成分の代表格はなんといっても「クエン酸」「ビタミンC」といった酸っぱい成分です。

 

  • オレンジ
  • レモン
  • グレープフルーツ

 

などの柑橘系にはクエン酸もビタミンCもたっぷり含まれているので、ぜひ亜鉛サプリメントとの同時摂取をおすすめいたします。

 

ビタミンとミネラルのバランスが大切

亜鉛の吸収率をアップさせるもうひとつのポイントは、ビタミンとミネラルのバランスを整えること!

 

亜鉛が身体に良いからといって、亜鉛だけ摂取していれば良いというわけではありません。

 

色々な食べ物をまんべんなく食べ、様々な栄養素を体内に取り入れることが理想的です。

 

亜鉛を効率良く摂取するためには「カルシウム」「鉄」「ナトリウム」といった亜鉛以外のミネラル成分や、お互いに作用し合っている「ビタミンC」「ビタミンE」を積極的に摂取すると良いでしょう◎

 

副交感神経が働く夜に摂取する

副交感神経とは主に夜やリラックスしているときに分泌されるホルモンで、疲れた身体を癒したり細胞を修復・再生させる働きがあります。

 

髪の毛や肌・爪といった代謝物だけではなく、新陳代謝のために行われる細胞分裂も就寝中に行われることが多いことから、夜に亜鉛サプリメントを飲んでさらに細胞が再生・成長する力を促進させる効果が期待できるといえます。

 

夜に摂取する場合、食事から摂取したたんぱく質の吸収を高めるためにも「夕食が終わった30分〜1時間後」や細胞分裂が盛んに行われ始める「就寝前」の時間帯がおすすめです◎

 

空腹時の飲用は胃腸に刺激を与えて「嘔吐」「胃痛」などの症状を招いてしまう可能性もありますし、満腹時では亜鉛の吸収率が半減してしまうことが分かっていますので、夕食後の消化がひと段落した時間帯=就寝前の摂取が理想的といえるでしょう。

 

女性へおすすめの亜鉛サプリはこちら

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

ここでは女性におすすめしたい「良質な亜鉛をたっぷり配合した亜鉛サプリメント」のご紹介をさせていただきます!

 

「亜鉛サプリメントの飲用を考えている」「どのサプリメントを選んだら良いのか分からない」なんて人は必見ですよ♪

 

女性にはマカ+亜鉛サプリがおすすめ

南米ペルーで2000年以上も前から食べ続けられているマカは標高4000m〜5000mという過酷な環境でも生き延びることができ、「一度育てるとその土地の養分を吸い尽くす」といわれるほど一度に多くの栄養素を土壌から吸収します。

 

また、マカには女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」と似たような働きがあるため「植物エストロゲン」とも呼ばれていて、女性ホルモンの分泌量が少ない人に最適とされています。

 

その他にも成長ホルモンの分泌を促進させて美容や健康に幅広く役立つといわれているアルギニンや、ミネラルやアミノ酸がバランス良く含まれているんですよ!

 

亜鉛で女性ホルモンの生成をサポートし、マカの植物エストロゲンの作用で効率良く女性ホルモンの分泌促進を図っていきましょう◎

 

牡蠣のチカラα

 

亜鉛は女性ホルモンや妊娠に効果的?飲み方の注意点とおすすめサプリ | 亜鉛ラボ

 

別名「海のミルク」とも呼ばれている牡蠣を原料に使用し、高麗ニンジンやマカといった力強い成分も配合してある「牡蠣のチカラα」!

 

生牡蠣が約「181個分」も詰まったサプリメントを探してもそう簡単に見つかるものではなく、牡蠣のチカラαはたったの3粒で16mgの亜鉛を摂取することができます。

 

そして牡蠣のチカラαで使用されている牡蠣は「広島県産の牡蠣」のみを贅沢に使用!

 

450年もの間に渡り牡蠣産業を続けてきた広島湾には周辺の川から豊富な栄養分が運び込まれるため、牡蠣の餌となるプランクトンがよく育ち、それに伴って栄養価の高い良質な牡蠣が育ちます。

 

そんな高品質でぷりっぷりの広島県産牡蠣を使用して濃厚なエキスを濃縮し、ペルー産のマカや高麗人参といった栄養価の優れた成分を同時に配合することで今までにない栄養価たっぷりの亜鉛サプリメントに仕上がっている「牡蠣のチカラα」!

 

今なら先着1000名様に限り、通常価格4.800円が約80%OFFの「980円(税込)」で購入することができますよ。

 

亜鉛は細胞分裂を促進したり免疫力を上げてくれる効果が確認されているだけではなく、亜鉛サプリメント愛用者からは「長年悩んでいた便秘に変化があった!」「イライラすることが少なくなった!」「女性としての自信が蘇った!」など、幅広い声が寄せられています。

 

  • 疲労感が抜けない
  • 朝起きられない
  • 肌も心もカサカサでハリがない
  • 夫婦の営みに不満を感じている
  • 女性としての自信が欲しい
  • ストレスを感じやすい

 

という人は、亜鉛の摂取が足りているか自分の食生活を今一度見直してみると共に、サプリメントの使用を考えてみるのも必要かもしれませんね!

 

>>牡蠣のチカラの詳細はこちら!

 

効果は新陳代謝に合わせて3ヶ月見る

亜鉛サプリメントを飲み始める場合に気になることのひとつといえば「どのくらいで効果が表れるのか?」ということではないでしょうか。

 

亜鉛サプリメントは薬ではなく食品なので、いつまでに効果が実感できるとはいえないもの。

 

実際に亜鉛サプリメントを飲用している人を見てみると「数日で効果が実感できた!」という人もいれば「3ヶ月くらいで違いが分かってきた!」など、効果を感じることができた時期にはバラつきがあります。

 

亜鉛が体内の細胞にしっかりと働きかければ「免疫力の向上」「新陳代謝の活性化」といったことにつながりますが、身体の部分によってすぐに効果を実感しやすいところとそうでないところがあるのも事実。

 

例えば「毛髪」や「爪」といった部分は新陳代謝が非常に活発で、すぐに新しい髪の毛や爪が伸びてくるものですよね。

 

そういった部分に対しての亜鉛の効果は比較的「実感しやすい」といわれていますが、貧血や免疫力向上・肌への作用などに関しては「少なくても1〜3ヶ月程度」は様子を見た方が良いとされていますよ。

 

体内の血液が生まれ変わるには数ヶ月かかるとされていることから、亜鉛サプリメントの効果をしっかりと実感したいのであれば「まずは3ヶ月」の飲用を続けてみましょう!

 

毎日継続して摂取しよう

「細胞全体に亜鉛は存在している」といわれるほど、亜鉛とは私たちの体にとって欠かすことのできない成分です。

 

そんな重要な成分であっても、体内に存在している亜鉛はたったの2g程度しか含まれていません!

 

ただでさえ吸収率の低い亜鉛なので、サプリメントの摂取と同時に「亜鉛の吸収率を上げる成分」を摂取することを忘れないようにしましょう◎

 

そして亜鉛は1度に摂取してしまうよりも「1日2〜3回に分けて」摂取する方が効率良く栄養分を吸収できるといわれています。

 

1度にまとめた量の亜鉛を摂取すると「吐き気」「胃痛」といった症状を招いてしまうこともあるだけではなく、摂取しきれなかった亜鉛が排泄物と共に流れ出てしまう場合もあるので、できるだけ少量づつ飲むことをおすすめします。

 

そして1番肝心な「毎日同じ時間帯に摂取を続ける」ということも忘れないでくださいね!

 

>>その他のおすすめ亜鉛サプリランキングはこちら