牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

MENU

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険?

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

別名「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣。亜鉛を多く含むことで有名ですが、実は亜鉛以外にも豊富な栄養素を含んでいます。

 

今回は、牡蠣に含まれる亜鉛について詳しくご紹介いたします。

 

牡蠣に含まれる亜鉛は毒なの?

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

よく「牡蠣にあたる」なんていわれたりもしますが、そもそも牡蠣にはフグなどが持っているような毒性はあるのでしょうか?

 

ここでは牡蠣に含まれる亜鉛が私たちの身体に及ぼす影響や、気になる毒性について詳しくご説明させていただきます。

 

亜鉛は必須ミネラル

誰もが一度は「必須ミネラル」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

必須ミネラルとは日々の消化吸収や排泄・代謝・成長といった「人が生命を維持するためには欠かすことのできない栄養素」ですが、体内で生成されないため食品やサプリメントなどから摂取する必要があります。

 

【必須ミネラル一覧】
「亜鉛」「カルシウム」「カリウム」「リン」「硫黄」「塩素」「ナトリウム」「マグネシウム」「セレン」「クロム」「コバルト」「鉄」「銅」「マンガン」「ヨウ素」「モリブデン」

 

上記16種類の成分が必須ミネラルとして挙げられていますが、亜鉛はその中でも「特に不足しがちなミネラル分」といわれています。

 

必須ミネラルが不足してしまうことで引き起こされる症状は、どのミネラル成分が不足しているかによっても様々ですが、亜鉛が不足してしまうと「味覚障害」「免疫力の低下」「成長障害」「皮膚や爪・毛髪の異常」といった影響が及ぼされるものです。

 

また必須ミネラルと一言でいっても「多量ミネラル」「微量ミネラル」の2種類に分類されていますが、亜鉛は体内での存在量が極めて少なく、1日あたりの必要量が100mg以下という性質から「微量ミネラル」に属しています。

 

私たちの身体の中に含まれている亜鉛の量は約2g程度と微量ではありますが、人体にとって欠かすことのできない重要なミネラル成分なのです!

 

亜鉛は吸収率が低い

「必須ミネラルの中でも亜鉛は特に不足しがちな成分」だとお伝えさせていただきましたが、いったいなぜなのでしょうか?

 

それは、亜鉛が「なかなか体内に吸収されない」という性質を持ち合わせていることが関係しています。

 

たとえ1日の亜鉛目安量を摂取することができても、その吸収率の低さゆえ「摂取した亜鉛のほとんどが吸収されずに体外へ排出されている」というのです!

 

亜鉛の吸収率の低さは16種類ある必須ミネラルの中でもトップクラスで、吸収率は「多くても30%程度」と考えられています。

 

健康的な人で30%ほどしか吸収されない亜鉛なので、体質や体調・亜鉛と相性が悪い栄養素との食べ合わせなどによっては「ほんの数%しか身体に吸収されない」なんて場合も…。

 

欠乏すると起こる症状とは

亜鉛は、人間の身体の中の働きを活性化させてくれる栄養素といっても過言ではありません。

 

亜鉛には特に「細胞分裂を促進させる」「体内に蓄積された毒素の解毒をサポートする」「性機能を向上させる」などといった働きが有名ですが、亜鉛不足によって懸念される症状とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

 

上記でご紹介させていただいた「味覚障害」「免疫力低下」といった症状の他にも、実に様々な影響が確認されています!

 

  • 性機能低下
  • 性欲減退
  • 月経不順
  • うつ症状
  • 貧血
  • 集中力の低下
  • 抜け毛や切れ毛の増加
  • 薄毛
  • アトピーの悪化

 

亜鉛は細胞に直接働きかけて生命の維持に関わっている重要なミネラル分であることから、亜鉛不足は様々な角度から私たちの身体に悪影響を及ぼすといわれています。

 

亜鉛は毒どころか「不足してしまうと身体の機能が低下してしまう」という恐れのある、非常に重要な栄養素といえるでしょう!

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とは

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を多く含む食べ物といえば「牡蠣」ですよね!

 

ここでは格安サプリメントがこぞって使用している「人工的に作られた合成亜鉛」ではなく、牡蠣の中に含まれている「天然の亜鉛」がもたらしてくれる効果を男女別に見ていきたいと思います◎

男性に嬉しい亜鉛の効果とは

  • 性機能向上
  • ED改善
  • 性欲向上
  • 精子量の増加
  • 疲労回復高価
  • 持久力アップ
  • 筋肉増強
  • 薄毛予防
  • やる気アップ

亜鉛が男性に与える影響の中でも群を抜いているのは「性機能向上作用」といっても良いでしょう!

 

亜鉛は前立線や精巣・精液などに多く存在していて、別名「セックスミネラル」とも呼ばれているほど精力や性機能に関係している栄養素。

 

そして特筆すべきは「亜鉛は男性ホルモンの一種であるテストステロンの生成をサポートする」という、男性ホルモン分泌のためには欠かせない成分ということです。

 

体内の亜鉛量が十分であると男性ホルモンの生成もスムーズに行われ、結果的に「性欲が向上した」「精子量が増えた」ということにつながっていきます!

 

また男性に多く見られる「薄毛」に関する悩みですが、亜鉛は毛髪の90%以上を構成している「ケラチン」というたんぱく質の合成には欠かせない成分◎

 

亜鉛が十分に摂取できていることは健康的な毛髪を作るためにも必要ですし、頭皮の新陳代謝をスムーズにして髪の毛の生え代わりが円滑に行われる上でも非常に大切な成分といえるでしょう。

 

髪の毛のたんぱく質も合成しますが、私たちの「力の源」になる筋肉の合成にも働いてくれる亜鉛です!

 

「筋トレ中」「プロテインを飲んでいる」なんて男性は、亜鉛の摂取も併用することでより効率良く筋肉をつけることが可能になってきます。

 

女性に嬉しい亜鉛の効果とは

  • 月経不順の改善
  • 不妊症改善
  • 生理痛やPMSの緩和
  • 更年期障害の緩和
  • 美肌効果
  • 美しい毛髪を保つ
  • 強い爪を生成する
  • 女性らしい体を作る

 

男性への効果でもご紹介しましたが、亜鉛とは「ホルモンバランスを整える働き」があるミネラル成分。

 

男性への効果では、男性ホルモンの一種である「テストステロン」の生成を促進させる亜鉛ですが、女性への効果は「女性ホルモンの生成を助ける」という角度から力を貸してくれます◎

 

不妊症や月経不順・生理痛に更年期障害といった女性を悩ませる症状の原因の多くは「女性ホルモンの分泌不足」から引き起こされているといっても過言ではなく、亜鉛の女性ホルモン分泌促進作用は様々な女性の悩みに効果が期待できると考えられているほど。

 

また亜鉛の働きは細胞の分裂を促進させるので「皮膚の再生を促進してターンオーバーを正常化させてくれる」「シミや肌荒れの改善」といった美容面への高い効果が期待されているのですが、その理由は亜鉛に「成長ホルモンの分泌を促進させる働き」があるためです◎

 

成長ホルモンとは骨格や筋肉の成長や増強をサポートするだけではなく、「バストアップ」「肌ツヤを良くする」「壊れた細胞の修復」など様々な働きを担っているホルモンです。

 

女性ホルモンの生成を促進させることで「女性を悩ませる多くの問題が改善に向かう」といっても良いほど、亜鉛のホルモン生成作用は私たちの身体に強い影響を与えるでしょう!

 

牡蠣に含まれる亜鉛以外の栄養素とは

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

「亜鉛といえば牡蠣、牡蠣といえば亜鉛」という考え方をされる人も少なくありませんが、牡蠣には亜鉛を越えるほどのパワーを秘めた栄養素がぎゅっと詰まっていることをご存知でしょうか?

 

そこでここでは牡蠣に含まれる「今注目の栄養素」について、詳しくご紹介させていただきます◎

 

亜鉛

牡蠣に含まれている代表的な栄養素とは、いわずとも知れた「亜鉛」ですよね!

 

亜鉛は細胞分裂を促進させて身体の働きを整えてくれるだけじゃなく、ホルモン生成にも大きく関わってくる必須ミネラル。

 

摂取した亜鉛のうち身体に吸収される亜鉛は、全体の約30%程度と少ないのが欠点です。

 

アミノ酸

私たちの髪や皮膚だけではなく、遺伝子情報であるDNAもアミノ酸から作られていることをご存知でしたか?

 

自然界には約500類ものアミノ酸が存在していますが、その中でも人間の身体を構成して生命の維持に必要だとされているアミノ酸は「20種類」といわれています。

 

牡蠣に含まれているアミノ酸は体内で合成することができない「9種類の必須アミノ酸」を全て含んでいるだけではなく、他にも「年齢と共に体内で合成されにくくなるアミノ酸」などを豊富に含んでいます◎

 

【牡蠣に含まれる必須アミノ酸】

  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン

 

【牡蠣に含まれる非必須アミノ酸】

  • タウリン
  • アスパラギン酸
  • アルギニン
  • チロシン
  • アラニン
  • プロリン
  • セリン
  • グリシン
  • システイン
  • グルタミン酸

 

人間の生命維持に深く関わっている20種類のアミノ酸を「ほとんど」含んでいる食べ物は、牡蠣以外にそう簡単に見つかるものではありません。

 

そういった視点から見ても、牡蠣ほど人間の身体に必要な栄養素を合わせ持つ食べ物はないといっても良いのではないでしょうか?

 

ビタミン類

牡蠣にはアミノ酸の他にも豊富なビタミン類が含まれているのも特徴です。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビオチン
  • コリン
  • イノシトール
  • 葉酸

 

特に充実しているのが、エネルギーの供給や老廃物の代謝時には欠かすことのできない「ビタミンB群」です◎

 

細胞の再生を始め「疲労の原因」ともいわれている乳酸の代謝にも必要なビタミンB群は、亜鉛の細胞分裂促進効果をさらに高めてくれる効果が期待されていますよ!

 

ミネラル類

牡蠣に含まれている亜鉛も、実はこの「ミネラル類」の中のひとつです。

 

牡蠣に含まれている主要なミネラル成分をざっとご紹介させていただきましょう。

 

  • カルシウム
  • カリウム
  • リン
  • ヨード
  • マンガン
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • コバルト

 

カルシウム不足だと「骨粗鬆症」「イライラ」などが引き起こされたり、マグネシウム不足では「不整脈」「歯の形成不全」といった症状が発症したりと、症状は様々。

 

牡蠣には豊富な亜鉛を始め、生命維持には欠かすことのできないミネラル成分がバランス良く含まれているんです!

 

グリコーゲン

グリコーゲンは肝臓と筋肉で合成・貯蔵される、いわば「体内にためこまれる滋養源」といえるでしょう。

 

グリコーゲンは「脂肪やアミノ酸」といった他のエネルギー源物質と比べ、素早くエネルギー源になるので、疲労などへの即効性が高いと考えられている成分です◎

 

またグリコーゲンがエネルギー源として変換するのは「ブドウ糖」なので、グリコーゲンの摂取は疲労回復だけではなく「集中力」「頭の回転」といった、ブドウ糖が必要な場面においても非常に重要です。

 

ちなみに、牡蠣に含まれているグルコーゲンを効率良く摂取したいのであれば、夏の牡蠣よりも冬の牡蠣がおすすめ!

 

牡蠣のグリコーゲン含有量は旬の時期である冬場の牡蠣に多く、その数値はなんと「夏の10倍!」ともいわれていますよ。

 

牡蠣には豊富な鉄分が含まれているだけではなく、鉄分の吸収を助ける「銅」も含まれていることから、貧血気味の人や月経で血液を失いやすい女性にとってはありがたい食べ物!

 

生牡蠣100g中には、1日に必要な鉄分がなんと4倍も含まれているというので驚き◎

 

牡蠣に含まれている鉄分は「体内への吸収に優れた鉄分で貧血予防などに効果が高い」といわれている、ヘム鉄になります。

 

「牡蠣が貧血に良い」といわれる理由は、ヘム鉄を豊富に含んでいることが関係していたんですね!

 

タウリン

牡蠣に含まれている成分で亜鉛と同じくらいに有名であるのが「タウリン」です。

 

亜鉛は肉類にも含まれていましたが、タウリンは肉類にはほとんど含まれておらず、牡蠣やイカ・タコといった貝類や魚の血合いに多く含まれているもの。

 

タウリンには「肝機能の向上」「生活習慣病の予防」「心機能の強化」といった働きが確認されており、加齢と共に血管が細く劣化してきてしまった人・お酒をよく飲む人・コレステロール値が高い人などにおすすめの成分ですよ◎

 

牡蠣1個に含まれる亜鉛の量はどのくらい?

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

牡蠣には亜鉛を始めとする様々な栄養素が含まれていますが、十分な量の亜鉛を摂取するためには牡蠣を何個食べれば良いのでしょうか?

 

ここでは牡蠣1個に含まれる亜鉛の量と、ダイエット中の人が気になるカロリーについてまとめてみたいと思います。

 

亜鉛含有量

一般的に、亜鉛1個に含まれる亜鉛量は「6mg」といわれています。

 

しかし、この含有量はあくまで「旬の牡蠣」のもので、夏場や旬の時期以外に採れた牡蠣には6mgも含まれていないケースも!

 

(※牡蠣の産地によっては冬が旬の牡蠣・夏が旬の牡蠣を分かれるため、牡蠣の産地を必ず確認しましょう。)

 

旬の問題の他にも「牡蠣が育った環境」「牡蠣の餌となるプランクトンの状態」などによっても牡蠣に含まれる亜鉛の量は変化してしまいます。

 

カロリーは?

牡蠣1個あたりのカロリーは「約12kcal」ですので、5個食べたとしても60kcalですね♪

 

亜鉛やタウリン・アミノ酸やビタミン類の含有が充実しているのに低カロリー、ダイエット時は食事制限などで「栄養バランスが偏ってしまいがち」なので、積極的に牡蠣を食べると良いでしょう◎

 

亜鉛を摂取するなら牡蠣は1日何個必要?

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

牡蠣には「亜鉛」「ミネラル」「ビタミン」など、身体に必要な栄養素がいっぱいです◎

 

そこで疑問になってくるのが「いったい何個くらいの牡蠣を食べれば亜鉛パワーを実感できるのか?」ということ。

 

ここでは亜鉛の推奨摂取量のお話に加えて「牡蠣を何個食べれば良いのか?」という素朴な疑問についてお答えしていきましょう!

 

牡蠣5個で亜鉛は十分摂取可能

「牡蠣を何個食べれば良いの?」という質問に対して、ベストアンサーは「牡蠣
5個」とでもいいましょうか。

 

先ほどもご紹介させていただいた通り、牡蠣1個分には「約6mg」の亜鉛が含まれているので、牡蠣5個分の亜鉛量は「約30mg」ということになりますね!

 

後ほど詳しくご説明いたしますが、1日あたりに牡蠣を5個も食べることができれば「必要な量の亜鉛を十分に摂取することができる」と考えられます。

 

もしも毎日「牡蠣5個」を食べ続けていける環境下であるのなら、きっとあなたの身体の中には十分な量の亜鉛が存在しているはずですよ◎

 

一日の亜鉛推奨摂取量とは

亜鉛推奨摂取量は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015年版」によると、成人女性で「1日8mg」妊婦は「10mg」授乳中の女性は「11mg」、1日あたりの上限量は「35mg」と記載されています。

 

成人男性は少し量が増えて「1日10mg」、上限量は「40mg」!

 

厚生労働省の調査によると、成人男女の場合「1日約7mg」の亜鉛を食事から摂取しているそうです。

 

この数字から、現代社会に生きる私たちの亜鉛摂取量は「平均推奨摂取量よりも低い」ということが浮き彫りになりました。

 

身体の様々な働きに関与している亜鉛なので、食事からの摂取で足りないところは「サプリメント」などの併用も考えていかなければならないでしょう。

 

牡蠣は一日何個まで食べても大丈夫?

牡蠣1個に含まれる亜鉛が「6mg」、牡蠣5個の場合は「30mg」の総亜鉛量なので、上記でご紹介させていただいた「上限摂取量」にほぼ重なります。

 

  • 男性は1日に6個
  • 女性は1日に5個

 

という数字が、厚生労働省が定めている亜鉛上限摂取量の範囲内に収まりますね!

 

といっても、個々の体質や体調によっては「10個食べても問題ない!」なんてケースや、逆に「2〜3個でも体調が悪くなる…」という場合も十分に考えられることです。

 

牡蠣は1日5〜6個の摂取を基準に、自分の身体としっかり相談して摂取してください◎

 

牡蠣の食べ過ぎは亜鉛の過剰摂取になる?

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

1日に食べることができる牡蠣の数は「5〜6個」とご紹介させていただきましたが、もしもそれ以上食べてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

ここでは牡蠣の食べすぎで発生してしまう副作用症状のお話や、亜鉛の過剰摂取によって引き起こされる症状などをご紹介いたします!

 

食事だけなら問題無し

「1日5〜6個」とお伝えしていた1日に食べることができる牡蠣の量ですが、実は1度くらい「牡蠣を食べすぎちゃった!」なんてことがあっても、人体に重篤な症状は発生しないことがほとんどです。

 

というのも、牡蠣に含まれる亜鉛は「非常に吸収されにくい成分」なので、たとえ30mgの亜鉛が含有されている牡蠣を食べてしまっても、その全てが体内に吸収されるわけではないから。

 

そもそも牡蠣産業に携わっている人でない限り「1日5〜6個」の牡蠣を継続して食べ続けることは難しいということもあり、食事の摂取だけで「亜鉛の過剰摂取」となってしまうことは考えにくいといえるでしょう。

 

亜鉛サプリと牡蠣の食べ過ぎは要注意

食事だけで「亜鉛の過剰摂取」とはなりにくいものですが、「亜鉛サプリメント」を飲用した上で牡蠣をたくさん食べてしまうことがあれば要注意!

 

亜鉛サプリメントの多くには「亜鉛の吸収率を高める他の栄養素」も同時配合されているものなので、飲用と同時に牡蠣を5個も6個も食べてしまうと「亜鉛の過剰摂取」になりかねません。

 

亜鉛は比較的毒性の低いミネラル分として知られていますが、実際には亜鉛の過剰摂取によって副作用症状が引き起こされた例も報告されているんです。

 

亜鉛の過剰摂取によって引き起こされる可能性のある症状について、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

亜鉛の取りすぎによる副作用とは

たとえ食事やサプリメントなどから亜鉛が過剰に摂取されても、余分な亜鉛は尿や便・汗などと共に体外へ排出されます。

 

しかし「1日2g以上もの亜鉛を一気に摂取する」といった場合、急性亜鉛中毒を引き起こしてしまった事例も報告されているので気が抜けませんね!

 

  • 嘔吐
  • 発熱
  • 頭痛
  • めまい
  • 胃痛

 

といった症状は急性亜鉛中毒によく見られる症状で、亜鉛の摂取を開始された人の中でも上記のような症状を感じたというレビューも多数挙がっています。

 

急性亜鉛中毒を引き起こす可能性がある亜鉛の量は「1日2g」とされてはいるものの、体調が悪い人・体質が敏感な人・亜鉛と相性の悪い人の中には、規定量の亜鉛摂取においても副作用症状が表れてしまう場合も十分に考えられるでしょう。

 

亜鉛サプリメントを飲用した経験がある人の中には、特に「嘔吐」「吐き気」の症状が目立ちました。

 

これらの症状を感じた多くの人に共通するのは「空腹時に亜鉛を摂取した」ということですので、亜鉛サプリメント初心者の人はできるだけ「空腹時のサプリメント摂取」を控えるようにしてみてください◎

 

その他にも「1日の上限摂取量を超えた亜鉛を長期間摂取する」といった摂取方法を続けると、貧血や免疫力の低下といった副作用も報告されています。

 

亜鉛の力を効率良く発揮し、より良い日々を送っていくためにも「亜鉛の上限摂取量」「サプリメントを飲むタイミング」などに気をつけましょう!

 

亜鉛を牡蠣から摂取するときの注意点

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

ぷりぷりの牡蠣は、生のままでもフライにしても濃厚で磯の香りを感じさせてくれる逸品です!

 

そんな美味しい味とは裏腹に、牡蠣を食べるときは「あること」に注意をしなければいけないという現実が…。

 

さっそく牡蠣を食べる前に知っておきたい「安全に牡蠣を食べる方法」をご紹介させていただきます◎

 

食中毒に注意

生牡蠣を食べる際に気をつけておいて欲しいことといえば…「食中毒」です!

 

生牡蠣を食べるときに切っても切り外すことのできないウィルスが「ノロウィルス」ですが、誰でも一度は聞き覚えのあるウィルス名のはず。

 

ノロウィルスは本格的に寒くなり始める「11月〜3月」にかけて多く発生し、冬が旬の牡蠣と重なります。

 

「冬場の食中毒はほとんどノロウィルス」といわれるほど強い感染力と重い症状を発症させてしまうノロウィルスは、牡蠣だけではなく「大アサリ」「シジミ」「ハマグリ」といった二枚貝に多く感染する傾向が。

 

貝類にノロウィルスが感染するとその内臓にウィルスが蓄積されるのですが、それを生の状態や十分に加熱していない状態で食べることで「ノロウィルスが小腸粘膜で増殖」してしまい、見るに見かれない症状を引き起こします。

 

【ノロウィルスの症状】

  • 嘔吐
  • 激しい腹痛
  • 頭痛
  • 発熱
  • 下痢

 

潜伏期間はだいたい24〜48時間で、発症してから症状が治まるまでの時間は約3日。

 

ノロウィルスの後遺症などはなく、感染したからといって必ず上記のような症状が発生するとも限りません。

 

人によってはノロウィルスに感染しても「軽い吐き気程度」「軽い風邪のような症状」で終わってしまうこともり、そういった場合は知らず知らずのうちにウィルスを周囲に撒き散らしてしまう危険性も高いでしょう。

 

ノロウィルスは熱に弱く加熱処理をすると感染力を失いうため、牡蠣を食べる場合はよく火の通ったものを食べるように心がけたいですね◎

 

副作用に注意
亜鉛は比較的毒性が低く、副作用症状を発症しにくいといわれている成分です。

 

しかし「少量の亜鉛摂取でも気分が悪くなった」「亜鉛を摂取すると嘔吐してしまう」なんて人も少なからずいらっしゃいますので、副作用症状が気になる場合は「牡蠣1〜2個の摂取」に留めておいた方が無難である場合も◎

 

自分の体調や体質を注意深く観察しながら、賢く牡蠣に含まれる豊富な成分を吸収していきましょう!

 

アレルギーに注意

卵アレルギーや蕎麦アレルギーなどと同じく、実は牡蠣にも「牡蠣アレルギー」が存在していたのです。

 

牡蠣アレルギーの症状は先ほどご紹介させていただいた「食中毒」と非常に似ているため、牡蠣アレルギーではなく「食中毒」と間違われてしまうことが多いのだとか!

 

牡蠣アレルギー症状は牡蠣を食べることによって発症してしまうアレルギー反応ですが、牡蠣以外にも「オイスターソース」「牡蠣粉末を含む食べ物」などによっても発症してしまう恐れがあります。

 

【牡蠣アレルギーの主な症状】

  • じんましん
  • 発疹
  • 下痢
  • 嘔吐
  • くしゃみ
  • 呼吸困難
  • 喉や口の痒み
  • 唇ややまぶたの腫れ
  • アナフィラキシーショック

 

牡蠣アレルギーで引き起こされる症状はだいたい上記のどれかに該当しますが、特に気をつけなければいけないのが「呼吸困難」と「アナフィラキシーショック」です!

 

呼吸困難が生死に直結しているということは誰でもお分かりいただけると思いますが、問題なのは「アナフィラキシーショック」。

 

すでにできている抗体が過剰に反応することによって起こるアナフィラキシーショックは、呼吸困難や意識障害・血圧低下などの症状を短時間のうちに引き起こして命を奪う可能性のある怖い症状です!

 

  • なんだか呼吸が苦しい
  • 血圧が急低下してきた
  • めまいがして意識がはっきりしない

 

なんて場合、すぐに救急車を呼んで対応するようにしてください◎

 

食べ合わせに注意

牡蠣には豊富な亜鉛が含まれているので、亜鉛不足を解消したい人にとっては最適の食材といえるでしょう。

 

しかし、牡蠣と一緒に食べることで「亜鉛の吸収を阻害してしまう」という成分が存在していることを忘れてはいけません!

 

牡蠣に含まれるたっぷりの亜鉛を無駄なく体内に吸収するため、牡蠣と食べ合わせが悪い食材を一挙にご紹介させていただこうと思います。

 

【亜鉛の吸収を阻害する食べ物】

  • 食物繊維
  • 豆類
  • 穀類
  • インスタント食品
  • 加工食品
  • タンニンを含む食べ物(コーヒーや柿、赤ワインなど“渋味”のあるもの)
  • シュウ酸を含む食べ物(ホウレンソウ・タケノコ・レタス・ブロッコリー…etc)

 

食物繊維は腸の中をきれいにしたり便通を良くするためにも欠かすことのない成分ですが、実は「亜鉛の吸収を阻害してしまう」ことが分かっています。

 

しかし全ての食物繊維が亜鉛の吸収を阻害してしまうのではなく、注意して欲しいのは「穀類に含まれる食物繊維」と「海藻類に含まれる食物繊維」の2つだけで、かぼちゃやれんこんなどの野菜に含まれる食物繊維は亜鉛の吸収を阻害しません!

 

それから「シュウ酸を含む食べ物」も亜鉛の吸収率を低下させると注目されている成分ですが、シュウ酸を含んでいる食べ物は数えればきりがないほどたくさん存在しています。

 

インターネットで「シュウ酸を含む食べ物」と検索してみると、出てくる出てくる!

 

「ほうれん草、緑茶、タケノコ、モロヘイヤ、さつまいも、レタス、ブロッコリー、チンゲンサイ、セロリ、大根、ナス、トマト、枝豆、未熟なバナナ、ピーナッツ、チョコレート、レモンの皮、コーヒー、紅茶、ココア、ビール……etc」などが検索結果に多く表示されますが、「etc…」という記載のない食品についても気になってしまいませんか?

 

それに、もしシュウ酸を含む全食品が明確になったところで、それらを全て把握するなんて到底できるものではないでしょう。

 

そこでぜひ覚えておいてほしいのが「シュウ酸は水に溶けやすい」という性質です。

 

上記のシュウ酸を含む食べ物を見てみると、多くが「野菜」であることが分かりますよね!

 

ということは、シュウ酸が含まれている野菜を気にして食べる物を制限するよりも「野菜は茹でてから食べる!」と習慣付けてしまった方が、結果的にシュウ酸を排除できることにつながるのではないでしょうか。

 

注意して欲しいポイントは「シュウ酸が溶け出した茹で汁は捨てる」ということだけなので、ぜひ実践してみてください◎

 

亜鉛を効果的に摂取する牡蠣の調理法

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

牡蠣に含まれる亜鉛をできるだけ多く摂取したいのであれば、亜鉛の吸収率を高める成分との食べ合わせが欠かせませんでした◎

 

ここでは「美味しく食べて亜鉛の吸収率アップも見込める調理方法」をご紹介いたします!

 

牡蠣にレモンは理にかなっている

「生牡蠣+カットレモン」「牡蠣フライ+カットレモン」など、思い出してみれば牡蠣料理に添えられていることの多い「レモン」ですが、何か深い理由でもあるのでしょうか?

 

そもそもレモンとは酸味がかなり強いフルーツで、レモンの中には豊富な「ビタミンC」や「クエン酸」が含まれています。

 

牡蠣にレモンの絞り汁をかけて食べると、牡蠣特有の磯の香りとレモンの爽やかな酸味がなんともいえないコントラスト生み出すでしょう。

 

牡蠣にレモンが添えられている理由はそれだけで十分といえそうですが、実はレモンに含まれるビタミンCやクエン酸には「亜鉛の吸収を高める」という働きが確認されています◎

 

牡蠣にレモン…一見ただの飾りだと思われてしまいがちなレモンですが、実はしっかりと牡蠣に添えられる理由があってのことだったのです!

 

牡蠣フライにしたら亜鉛はなくなる?

生牡蠣も美味しいですが、牡蠣フライも捨てられません!

 

牡蠣フライ愛好者からは「加熱をしたら亜鉛がなくなってしまうのか?」という声が度々挙がるようですが、結論から申し上げると「加熱をするとむしろ亜鉛が増える」んです。

 

熱が加わると牡蠣の中に含まれる「ビタミン類」「タウリン」といった栄養素は減少してしまいますが、亜鉛に関してはほんの少しだけ増加します◎

 

亜鉛が増加するというメリットに加え、牡蠣フライは高温の油でしっかりと中まで火を通すので、食中毒の心配が少ないことも魅力のひとつでしょう。

 

加熱処理してウイルスを撃退

亜鉛だけではなく、ビタミンやアミノ酸といった成分をより多く摂取するためには「生牡蠣」がうってつけですが…やはり気になるのは食中毒。

 

「少しでも亜鉛の量を増加させたい!」「食中毒が怖い!」という人にとっては、加熱処理された牡蠣が最適です!

 

牡蠣を食べて食中毒になってしまう多くの場合は「ノロウィルス」に牡蠣が感染していることが原因ですが、ノロウィルスは加熱処理することによって感染力を失います。

 

ただし、ウィルス撃退のための加熱処理方法は「中心部が85度〜90度、尚且つ90秒以上加熱すること」が条件となっているので、熱湯をさっとかけた程度では不十分といえそうです。

 

  • 調理するなら鍋がおすすめ
  • 熱を加えると亜鉛量が増加する
  • 亜鉛以外の栄養素は水に溶け出しやすい

 

という牡蠣の性質から、牡蠣の栄養素をできるだけ無駄なく摂取できる調理方法は「牡蠣鍋」だとされています。

 

牡蠣に含まれる豊富なビタミン類は牡蠣鍋の「汁」に溶け出しますので、牡蠣と一緒に鍋のスープもしっかりと摂取して、効率良く亜鉛や他の成分を身体に取り入れてくださいね◎

 

亜鉛量が増加した熱々の牡蠣鍋を食べれば、亜鉛を多く摂取できるだけではなく「体を芯から温める」「血行促進」にもつながって、まさに一石二鳥です!

 

牡蠣よりコスパよく亜鉛を摂取するなら

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

別名「海のミルク」と呼ばれている、栄養素を豊富に含む牡蠣。

 

健康促進のため、ぜひ毎日の食事に取り入れたい食べ物No.1といっても過言ではないでしょう。

 

しかし、牡蠣を毎日食べるとなると「金銭面」や「仕入れ面」を考えても、少々厳しいのが現実というもの…。

 

そこでここでは「牡蠣よりもコスパよく亜鉛を摂取する方法」についてご紹介させていただきます◎

 

コスパが良い

亜鉛だけではなく、タウリンやミネラル・アミノ酸といった栄養素をバランス良く含む牡蠣。

 

実は牡蠣をそのまま食べるよりも「牡蠣エキスが配合されたサプリメント」を摂取する方が、遥かに効率良くそしてコスパ良く栄養素を摂取できてしまうんです!

 

大きさや産地にもよりますが、牡蠣の1個あたりの相場は「約100円」といわれています。

 

1日に牡蠣を5個(亜鉛30mg相当)食べるとすると「1日500円」「1ヶ月15.000円」「1年で18万円」と、結構なお値段になってしまいますよね…。

 

しかし、牡蠣エキス配合のサプリメントは「1ヶ月3.000円前後」で販売されているものが目立ち、亜鉛の含有量も1日あたり「約16mg〜30mg」の亜鉛を含んでいるものが主流となっています。

 

また、ほとんどの牡蠣エキス配合サプリメントには「牡蠣+αの成分」が配合されているといったメリットがあり、牡蠣をそのまま食べるだけでは摂取できない栄養素を同時に取り入れることを可能としています◎

 

通年摂取できる

牡蠣を毎日食べようと思うと、どうしてもネックになってくるのが「旬」の問題です。

 

牡蠣の旬は産地によってもバラつきがあるものですが、時期によっては「スーパーで売られていない」「どこに行っても手に入らない」なんてことも少なくありません!

 

そんな心配も、牡蠣エキス配合のサプリメントにはもはや不要とさえいえるでしょう◎

 

牡蠣サプリメントに使用されている牡蠣は旬の時期を狙って一斉に捕り、厳密な加工工程を経て成分の安定が図られているものなので、1年を通して高い栄養価を摂取することが可能なんです。

 

食中毒の心配がない

生牡蠣や加熱処理が十分ではない牡蠣料理を食べてしまうことで懸念される「食中毒」ですが、牡蠣サプリメントは十分な加熱をされた後に加工されているため、食中毒の危険性はほとんどないといっても良いでしょう。

 

それに加えて牡蠣サプリメントの製造工場では「GMP認定」を受けているところも珍しくなく、原料となる牡蠣の仕入れから加工・出荷に至るまで一貫した管理体制を実施して牡蠣の品質に目を光らせているもの。

 

こういった厳しい管理体制が牡蠣の高品質に深く関わり、食中毒の可能性を限りなくゼロに近づけている秘訣といえます。

 

亜鉛サプリよりも牡蠣サプリがおすすめ

 

「亜鉛を摂取したい!」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのが「亜鉛サプリメントの摂取」ではないでしょうか?

 

市販で売られている亜鉛サプリメントは化学合成によって作られた「グルコン酸亜鉛」が使用されている傾向にありますが、亜鉛の吸収率アップや他の栄養素の摂取にもこだわりたいのであれば、ぜひ「天然の牡蠣から抽出した成分」を使用しているサプリメントをおすすめします◎

 

人の手によって作りだされた「グルコン酸亜鉛」も「天然の牡蠣に含まれる亜鉛」も、亜鉛自体の吸収率はほとんど同じか、もしかすると人口亜鉛サプリメントの方が亜鉛の吸収率が高いなんて場合もあるでしょう。

 

しかし牡蠣サプリメントには、人工的に作りだされた亜鉛サプリには含まれていない「タウリン」「マグネシウム」「リン」といった成分が豊富に含まれているということを忘れてはいけません!

 

人工亜鉛サプリメントも牡蠣サプリメントも「亜鉛自体の吸収率はほとんど同じ」ですが、天然の牡蠣サプリメントには「亜鉛の吸収を助ける栄養素」がたっぷりと含まれています◎

 

これこそが「牡蠣サプリメントの方が亜鉛の吸収率が高い」といわれている理由であり、牡蠣サプリが人気を集めている理由だったんです。

 

亜鉛サプリよりも牡蠣サプリがおすすめ

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

牡蠣の魅力を語れば、きりがありませんね(笑)それくらい牡蠣とは亜鉛を豊富に含み、私たちの健康維持には欠かすことのできない栄養素の宝庫!

 

最後に、自信を持っておすすめすることができる「高品質牡蠣サプリメント」のご紹介をさせていただこうと思います。

 

「牡蠣サプリに興味がある」「亜鉛不足を改善させたい」「美肌になりたい」「性機能を向上させたい」という人、必見のサプリメントです!

 

牡蠣のチカラα

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果とおすすめの食べ方|食べすぎると危険? | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を豊富に含む「天然の牡蠣」と、亜鉛と相性抜群といわれている「マカ」!

 

この2つを「同時に摂取できるサプリメント」として、今大注目を集めているのが「牡蠣のチカラα」という牡蠣エキス配合のサプリメントです。

 

牡蠣のチカラαの特徴はなんといっても「牡蠣の品質にこだわった製造方法」に加え、「マカ」「高麗人参」といった栄養価の高い素材を組み合わせたこと。

 

牡蠣のチカラαは「3粒で16mg」の亜鉛を摂取することができるので、厚生労働省が定めている成人男性の亜鉛推奨摂取量10mgを簡単にカバーできるといえるでしょう◎

 

しかも牡蠣のチカラαで使用されている天然の牡蠣は「牡蠣産業を始めて450年以上」もの歴史を持つという、広島湾で育った新鮮な牡蠣だけを贅沢に使用!

 

それに加えて「ペルー産のマカ」と、健康にうるさいあの徳川家康も愛した「高麗人参」を絶妙なバランスで同時配合しています。

 

今なら先着1000名様に限り通常価格4.800円が約80%OFFの「980円(税込)」で購入することができるとして、愛用者をどんどん増やしているんだとか♪

 

  • 疲労感を回復させたい
  • 朝なかなか起きられない
  • 精力増強したい
  • EDを改善させたい
  • 不妊治療のサポート役として
  • いつまでも健康でいたい
  • 肌の衰えが気になり始めた

 

といったお悩みの人に自信を持っておすすめする「亜鉛×マカ×高麗人参」の組み合わせ!

 

期間限定の今だからこそできる「リーズナブルな価格設定」は、とても天然の牡蠣を贅沢に使用したものとは思えない仕上がりになっていますよ。

 

>>牡蠣チカラの詳細はこちら!

 

牡蠣の産地がわかるサプリがおすすめ

記事の中でもお伝えしたように、牡蠣サプリメントの栄養価の高さは「どこで育った牡蠣を原料として使用しているのか」によって変わってくるものです。

 

もしもあなたが飲用しようと思っている牡蠣サプリメントの原料に「汚染地域で育った牡蠣」「牡蠣産業に適さない場所で育てられた牡蠣」などが使用されていたとしたらどうでしょうか?

 

牡蠣は海の状況や周辺の川から運ばれてくるプランクトンの有無などによって、牡蠣自体が含有する栄養素に差が出てきてしまうものです。

 

牡蠣サプリメントを選ぶときの基準のひとつとして「牡蠣の産地が記載されているもの」をチョイスするように心がけることで、品質の悪い・栄養素の低い牡蠣サプリメントを見分けることができるようになるでしょう。

 

牡蠣サプリメントとは直接身体の中に入れる「食品」ですので、原料の産地確認に加えて「どこの工場で製造されているのか?」「品質管理は徹底されているのか?」などについても目を光らせておくと良いですね◎

 

栄養素をたっぷりと含んだ新鮮な牡蠣を贅沢に使用した「牡蠣サプリメント」は、亜鉛不足に頭を抱える人だけではなく、全ての人におすすめできる栄養素!

 

ぜひお気に入りの亜鉛サプリメントを見つけて、毎日の「元気ハツラツ♪」に役立てていってください!

 

 

>>おすすめ亜鉛サプリランキングはこちら