亜鉛たっぷりの飲み物はある?効果に差が出る飲み方のコツ | 亜鉛ラボ

MENU

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

精力アップさせたい男性にも、肌や髪をキレイに保ちたい女性にも必要な亜鉛。
また、ホルモンの分泌にも関与している亜鉛は、妊活している男女にも重要な栄養素です。

 

亜鉛は体内で作り出すことができない成分なので、食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。

 

今回は、亜鉛を多く含む飲み物と、知らなきゃ損!?な、効果に差が出る飲み方のコツと注意点についてご紹介いたします。

 

 

>>亜鉛を多く含む食べ物はこちら

 

 

亜鉛の多い飲み物とは

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を含む飲み物は多くありますが、粉末の状態での含有量が多くても、一回の飲用量にそれほど多くの粉末を入れることは難しいようです。
その中でも、以下の飲み物には比較的亜鉛が含まれています。

 

1.抹茶

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

抹茶には、100gあたりに6.3gの亜鉛が含まれていますが、これは粉末での計測値なので、普通に抹茶を飲むことで大量の亜鉛を補給するのは難しいです。

 

2.純ココア

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

純ココアの粉末には100g辺り7.0rの亜鉛が含まれています。

 

しかしこれは糖分やミルクが足された状態では無く、ピュアココアの状態なので、市場で製品として出回っているミルクココアの場合は、亜鉛含有量は大きく減り、粉末100gあたり2.1rとなります。

 

さらに、ミルクココア1杯あたりには20gのミルクココアしか含まれていないので、亜鉛の含有量は、0.42mgとなります。

 

3.豆乳

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

豆乳には、100gあたり0.3mgの亜鉛が含まれていますが、豆乳に含まれる食物繊維などは亜鉛とあまり相性が良くありません。

 

麦や大豆などの豆類は、ミネラルを体外へ排出しやすいという問題点もあります。

 

4.こんぶ茶

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

昆布茶には代謝を高めるビタミンB群、マグネシウムや亜鉛などのミネラルが含まれています。

 

ミネラル類とビタミンB群によって代謝が促されることで疲労物質の分解促進に役立つと考えられています。

 

5.甘酒

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

甘酒には、米麹(こめこうじ)から作る甘酒と酒粕(さけかす)から作る甘酒の二種類あります。
栄養素はどちらも似ていて、ビタミンB1、B2、B6、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛などです。

 

ただ、鉄や亜鉛に関しては麹米で作る甘酒の方がかなり少なくなります。
タンパク質や脂質、それにビタミン類なども、酒粕由来の甘酒の方が高めのようです。

 

亜鉛を手軽に摂れるコンビニの飲み物は?

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛が多く含まれる飲み物は、野菜ジュースや栄養ドリンク、精力剤がほとんどです。コンビニで手に入る飲み物には以下のようなものがあります。

 

野菜ジュース

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

コンビニの野菜ジュースコーナーには、「手軽に一日分の野菜が摂れる!」をアピールしているメーカー各社の野菜ジュースが並んでいます。
これら野菜ジュースにはほとんど亜鉛が含まれています。

 

亜鉛の含有量は、商品によって違うので、購入前に栄養成分を確認しましょう。

 

栄養ドリンク・精力剤

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

コンビニの栄養ドリンクコーナーに置いているエナジードリンクやマカが含まれる精力剤などにも亜鉛は含まれています。

 

野菜ジュース同様、商品によって成分が違うので、購入前に成分や亜鉛含有量を確認しましょう。

 

亜鉛を消費してしまう飲み物がある?

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

飲むことで、体内の亜鉛を大幅に減少させてしまう飲み物があります。

 

アルコール

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

アルコールは体内で吸収されて肝臓の中にある「アルコール脱水素酵素」と呼ばれるアルコールを分解する酵素によって分解されます。
このアルコール脱水素酵素の材料となっている成分が亜鉛です。

 

お酒をたくさん飲むと、アルコール脱水酵素がたくさん必要になって、亜鉛が不足してしまいます。

 

お酒を頻繁に飲む人は、慢性的な亜鉛不足にならないよう、食事に気をつけて食事からも積極的に亜鉛を摂取するように心がけましょう。

 

亜鉛を食べ物から摂取するために心がけること

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は、吸収率が悪く、飲み物だけから適量を摂取するのは難しい栄養素です。食べ物からも効率的に摂取するように心がけましょう。

 

加熱すると亜鉛が減少する?

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を食品から摂取したい場合、加熱したら壊れてしまうかが気になります。

 

亜鉛はビタミンとは異なり、熱に強い栄養素なので、生にこだわる必要は無く、加熱調理しても問題ありません。

 

バランス良く摂取することが大切

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は少量とはいえ、ほとんどの食品に含まれているので、バランスの良い食事を心がける必要があります。

 

さらに、暴飲暴食で栄養が偏ると亜鉛を体内に吸収しづらくなるので、様々な食品を少しずつ多種類食べるようにしましょう。

 

亜鉛が多い食品は牡蠣・肉類・魚介類・卵などです。
たんぱく質を多く含む食品を選ぶと、必然的に亜鉛も摂取することができます。

 

亜鉛は吸収率が悪い

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

食品やサプリメントに含まれる亜鉛は、体質や胃腸の状態などによって吸収率が変化します。
いずれにしても、亜鉛は吸収率の悪いミネラルで、吸収率は約30%程度と言われています。
つまり、10mgの亜鉛を摂取しても体内で使われる亜鉛は3mgにしかならないということです。

 

また、食べ合わせなどによっては吸収を阻害するものもあります。
穀物や海藻に含まれる食物繊維や穀物に含まれるフィチン酸にも、ミネラルを排出する作用があります。
なすやほうれん草、チョコレート・ナッツなどに含まれるシュウ酸も亜鉛と結びつく性質があるため、体に取り入れることを阻害する可能性があります。

 

コーヒー・紅茶・緑茶などに含まれるタンニンも亜鉛の吸収を妨げます。

 

亜鉛サプリも上手に活用を

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は、飲み物や食事から必要量を効果的に摂取するのが難しく、実際、殆どの人が摂取目安量に足りていません。

 

このため、亜鉛を効率的に摂ることのできる亜鉛サプリは、最近とても注目されています。

 

おススメの亜鉛サプリを紹介します。

 

牡蠣のチカラα

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛含有量は亜鉛サプリトップクラス。一日分、3粒あたりに約16mgの亜鉛を含んでおり、生牡蠣約6個分の栄養素を摂取できます。
瀬戸内海産の濃厚で栄養たっぷりな牡蠣を使用。

 

また、牡蠣の力を最大に活かすために、栄養価の高い厳選したマカと美と健康の源と言われる高麗人参を配合しています。
元気が出ない、食生活が偏っている、肌や髪のトラブルを抱えている、など男女問わず体の様々な悩みを解決してくれます。

 

 

>>体験レビューはこちら

 

>>【公式】牡蠣のチカラα詳細はこちら

 

 

レバリズム・L

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

岡山県産の牡蠣エキス、静岡県産のしじみエキス、千葉県産スクワレンを配合。解毒力・エネルギー代謝力・回復力をサポートする栄養素をたっぷり含んでいます。
亜鉛サプリメントとしても人気の高いサプリメントです。

 

お酒を飲む機会の多い人や前日の疲れがなかなかとれない人、胃もたれなどで朝の目覚めが悪い人などに愛用されています。

 

 

>>体験レビューはこちら

 

>>【公式】レバリズム詳細はこちら

 

 

亜鉛サプリと飲み合わせの良くない飲み物

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛を効率的に摂ることのできる亜鉛サプリですが、組み合わせの悪い飲み物と一緒に飲むと一気に吸収率が悪くなってしまいます。

 

牛乳

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

牛乳と一緒に飲むと、吸収率は極端に落ちてしまいます。

 

亜鉛は、一緒に飲んだ食品が亜鉛と相性が悪ければ吸収されることなく、他の栄養素の吸収を促進することになってしまうのです。

 

緑茶

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は、カフェインだけでなく、タンニンや食物繊維、カルシウム等と結びついて、消化吸収がされ難くなります。

 

緑茶にはカフェインやタンニンが多く含まれているので、せっかく摂った亜鉛が無駄になる確率が増えてしまいます。

 

コーヒー

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

コーヒーに含まれるタンニンは、亜鉛が体内に吸収されるのを阻害する働きを持っています。

 

コーヒーをたくさん飲む人や、食前食後にコーヒーを飲むと亜鉛吸収を妨げることになります。

 

亜鉛サプリと飲み合わせの良い飲み物

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛サプリを効率よく吸収させるためには、亜鉛との組み合わせが良く、吸収率が高い飲み物と一緒に飲むと良いようです。
クエン酸やビタミンCと同時に摂取すると効率が上がるので、フルーツジュースなどが良いでしょう。

 

ビタミンC

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

「キレート作用」という効果によって亜鉛の吸収を手助けしてくれる働きがあります。

 

クエン酸

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

ビタミンCと同様に「キレート作用」で吸収が促進されます。

 

「キレート作用」とは、体にとって有用なミネラル(亜鉛など)を包み込んで体内に吸収しやすい体に変え、吸収されやすい形に変えてくれる作用のことです。

 

亜鉛は男女ともに必須のミネラル

 

亜鉛たっぷりの飲み物とは?効果に差が出る飲み方のコツと注意点 | 亜鉛ラボ

 

亜鉛は、男女を問わず、人間が生命を維持するうえで必要不可欠な必須ミネラルです。
味覚の正常化、皮膚や髪の健康、アルコール分解、性機能維持など、幅広い役割があります。

 

ただ、食べ物や飲み物だけから推奨摂取量を摂ることは難しく、特に日本人の食生活では不足しやすいといわれています。

 

食生活の見直しとともに、亜鉛サプリを効果的に活用し、無理なく健康的に継続して亜鉛を摂るように心がけましょう!

 

 

>>おすすめ亜鉛サプリランキング